脳卒中後の脳機能リハビリについて

皆様こんにちは!

出張リハビリステーション徳島です🙇‍♂️

本日は脳の機能リハビリについて書きたいと思います。

是非ご一読ください👏

 

 

脳卒中になると場合によっては様々な症状が残り、脳の機能を改善・維持するためのリハビリを行わなければならないことがあります。体は問題がなくても言葉が不自由になったり、反対に普通に話せるけど手足が麻痺して動かせなかったりと、人によって異なります。

では、脳の機能リハビリとは一体どんなことをするのでしょうか?

 

■リハビリをするための3つのポイント

 

1麻痺が回復できるか

脳卒中は、手足が動きにくくなる、または全く動かせなくなるという症状があり、この状態を「麻痺する」と言います。麻痺になる部位はダメージを受けた脳の反対側の手足に出ることが多く、程度はどのくらいのダメージかによって違ってくるものです。脳卒中の症状が落ち着けば少しずつ麻痺が改善していきますが、この回復過程は脳損傷の度合いや部位、損傷を受けた患者さんの年齢によって様々です。7日間経った2人の患者さんの手足が似た症状であっても、最終的に同じレベルまで改善するとは限りません。

 

2訓練効果は?

脳卒中の患者さんの中には、訓練をすれば結果的には麻痺がなくなると考えている人がいます。

もちろん強い志を持って訓練を受けることは非常に大切なことです。

しかし、訓練が回復の全ての要素になるのではないということを理解しておきましょう。

自然回復に加えて適切な訓練をすることが回復への近道だということを忘れないでください。

また、適切な訓練を受けても訓練による効果は限界があることも知っておきましょう。

 

3残っている能力を開発していけるか

手足の麻痺が改善するのか、改善しないのかを判断するのは、非常に困難な問題です。

リハビリテーションでは、「麻痺に対する訓練」と「残された能力を開発していく訓練」を一緒に進行していきます。例えば、体の半身が麻痺して歩けなくなった場合は、歩く訓練と同時に残された半身で車椅子を操作する訓練が必要になります。このように2本立てで訓練する意味は、最終的に麻痺が改善しなかった時のことを考えた対応策の準備です。

麻痺が改善するまでの生活をちょっとでも快適に過ごすために自立しながら援助するという目的も含まれています。

 

 

■脳卒中になると

 

脳卒中になると色々な症状があらわれてきます。

性格まで変わってしまうこともあり、まさに百人百様です。

ですから、脳機能のリハビリテーションではただ単に体の運動をするだけでなく、患者さんや家族の精神面でのケアも同時に行っていきます。

何をしたわけでもないのに朝起きたら手足が動かなくなっていた、ということはよくある話なので、脳卒中になった人やその家族は例えようのないショックを受けてしまうことは誰もが想像できるかと思います。

しかし、リハビリを効率的に行なっていけば、機能を少しずつでも回復させることができるのです

続きを読む >>

脳梗塞の運動麻痺のリハビリについて

皆様こんにちわ!

出張リハビリステーション徳島です☺️

 

本日は脳梗塞後に出現しやすい「運動麻痺」について書きたいと思いますので是非ご一読ください🙇‍♂️!

 

脳梗塞による症状の一つとして、「身体麻痺」が挙げられます。

身体麻痺の症状が出てしまうと、体を自由に動かすことが難しくなってしまい、日常生活にも多大な影響を及ぼしてしまうでしょう。

今回はそんな脳梗塞によってあらわれてしまった身体麻痺を改善するためのリハビリについてご紹介します。

 

■身体麻痺の種類

 

脳梗塞による身体麻痺の多くにみられるのが、片麻痺です。

片麻痺とは半身麻痺や不全麻痺とも称されることのある症状で、体の半身だけが思うように動かなくなってしまうことを言います。

脳梗塞は血管が詰まってしまうことで脳細胞が壊死してしまいますが、脳梗塞が起きてしまった場所によって片麻痺の起きる場所も異なります。

例えば右脳で脳梗塞が見られた場合、神経がつながっているのは左半身となるため左半身の片麻痺を起こしてしまう可能性が高まります。

逆に左脳で脳梗塞が見られた場合、右半身の片麻痺を起こしてしまうかもしれません

続きを読む >>

脳卒中の予防と対策について

皆様こんにちわ!😃

出張リハビリステーション徳島です😌

これからブログの方をupして皆様と脳卒中やパーキンソン病・脊髄損傷について知識の共有を出来ればと思います!

本日は「脳卒中の予防と対策」について書きたいと思いますので、ご一読ください🙇‍♂️

 

脳卒中は、発病してしまうと死を招くこともある危険な病気です。命の危険性を免れたとしても、言語障害や意識障害体の麻痺が残ることが多い為、避けたい病気と言えるでしょう。

今回は、脳卒中の予防対策を紹介していきます。

 

■脳卒中を予防するために、気をつけたい5つのポイント

脳卒中は確かに死亡率の高い病気ですが、予防方法はいくつもあり、発病を抑えられる病気でもあります。以下にその予防方法をまとめました。

 

・塩分を摂り過ぎず、コレステロールを抑えた食生活を送る

・仕事だけではなく、心を安らげ、楽しめる趣味を持つ

・適度に運動を行い、体を健康に保つ

・30歳を過ぎたら自分の血圧を意識し、調整を心がける

・40歳からは脳の診断も受け、脳の状態にも気を配る

 

脳卒中が発生する原因の主だったものとして動脈硬化が挙げられます。その動脈硬化の原因は糖尿病、喫煙、高血圧症、高脂血症などとなっています。これらの共通点は生活習慣病であることです。生活習慣病こそが、脳卒中を引き起こすトリガーと言えるでしょう。普段から生活を正し、定期的に医療機関で脳の診断を受ける事で、脳卒中を予防することができるのです。

 

 

 

続きを読む >>

脳梗塞出張リハビリステーション徳島です

只今、準備中です。

しばらくお待ち下さい。

1