脳卒中の予防と対策について

皆様こんにちわ!😃

出張リハビリステーション徳島です😌

これからブログの方をupして皆様と脳卒中やパーキンソン病・脊髄損傷について知識の共有を出来ればと思います!

本日は「脳卒中の予防と対策」について書きたいと思いますので、ご一読ください🙇‍♂️

 

脳卒中は、発病してしまうと死を招くこともある危険な病気です。命の危険性を免れたとしても、言語障害や意識障害体の麻痺が残ることが多い為、避けたい病気と言えるでしょう。

今回は、脳卒中の予防対策を紹介していきます。

 

■脳卒中を予防するために、気をつけたい5つのポイント

脳卒中は確かに死亡率の高い病気ですが、予防方法はいくつもあり、発病を抑えられる病気でもあります。以下にその予防方法をまとめました。

 

・塩分を摂り過ぎず、コレステロールを抑えた食生活を送る

・仕事だけではなく、心を安らげ、楽しめる趣味を持つ

・適度に運動を行い、体を健康に保つ

・30歳を過ぎたら自分の血圧を意識し、調整を心がける

・40歳からは脳の診断も受け、脳の状態にも気を配る

 

脳卒中が発生する原因の主だったものとして動脈硬化が挙げられます。その動脈硬化の原因は糖尿病、喫煙、高血圧症、高脂血症などとなっています。これらの共通点は生活習慣病であることです。生活習慣病こそが、脳卒中を引き起こすトリガーと言えるでしょう。普段から生活を正し、定期的に医療機関で脳の診断を受ける事で、脳卒中を予防することができるのです。

 

 

 

 ■運動をする際の注意

脳卒中予防に最適な運動とはなんでしょうか。

良いと言われている運動は3つあります。

 

・有酸素運動

ウォーキングや水泳などの有酸素運動が効果的と言われています。

1日30分を目安に行うことで脂質を燃やせるので、まずは30分を目標にしてみましょう。

 

・無酸素運動

無酸素運動は、筋肉と骨を鍛え体を丈夫にし、増えた筋肉で脂質の燃焼効率も上がります。

関節を痛めないよう、軽いものから始めましょう。

 

・ストレッチ

上記2つをやる前には、ストレッチを行い筋肉の腱を伸ばしておきましょう。

腰痛や関節痛の予防にもなります。

 

いかがでしたでしょうか。

健康的に日々を送り、脳卒中を引き起こさない暮らしを目指しましょう。 

徳島でお住いの方や県外の方でも、お体にお悩みがある方は一度ご相談くださいね😊

 

ではまた、次のブログでお会いしましょう!🙌

 

 

コメント